CDP Japan

 
※本ページをはじめとするCDPウェブサイト内のコンテンツの無断利用・転載を禁じます。
利用を希望される場合は、CDP事務局(japan@cdp.net)までご相談ください。

 
1. CDP 2016 質問書
    ― 気候変動質問書
    ― ウォーター質問書
    ― フォレスト質問書
    ― サプライチェーン質問書
    ― シティ質問書 
 
2. CDP 2016 ウェビナー
 
3. CDP 2016 ワークショップ
​4. CDP 2015 日本報告会
 

 
 

 

 CDP 2016 質問書

 

CDP2016は次のプロジェクトを実施しています。
以下に掲載していないガイダンスはこちらよりご覧ください。
各種資料の日本語訳は順次アップ予定です。

CDPの各質問書へのご回答はオンライン回答システム(ORS)より行って頂きます。

【CDP質問書回答企業のみなさまへ】
本年より、ORSへのアクセス方法が変更になりました。アクセスするためには、全ての方が新しいログインパスワードを設定する必要があります。ご不明点は事務局(japan@cdp.net)までお問い合わせください。詳しいアクセス方法については、ウェビナーをご覧ください。

 

気候変動質問書 

ウォーター質問書 

フォレスト質問書

サプライチェーン質問書(取引先企業からの回答要請
シティ質問書 (自治体対象の質問書です。)

 


 
 

 CDP 2016 ウェビナー

 

CDP2016の質問書やその他ガイダンスについてご説明しています。
詳細についてお知りになりたい場合、ワークショップにご参加頂けなかった場合など、ご活用ください。 
以下に掲載されていないものについても随時作成しアップしていきます。


 
 

 CDP 2016 ワークショップ

 

 サプライチェーン(気候変動・ウォーター):2016年5月20日(金) 
                    (於 有限責任あずさ監査法人 東京事務所) 

気候変動・フォレスト:2016年4月12日(火) (於 QUICK会議室) ​​ 

​​気候変動・ウォーター・フォレスト:2016年3月28日(月) (於 国民会館武藤記念ホール) ​​ 

​​気候変動・ウォーター:2016年2月25日(木) (於 東証ホール)


CDP2015 日本報告会 

 

国連大学ウ・タント国際会議場(東京都渋谷区)にて、2015年10月22日にウォーター報告会、11月4日に気候変動報告会を開催致しました。
 
ウォーター報告会は日本で初めてグローバル報告会を開催致しました。
グローバル報告会ページでは、当日のプレゼンテーションのビデオをご覧いただけます。
 
気候変動報告会の当日の講演資料は、一般公開可能なもののみ、以下に掲載致します。(以下、敬称略)
 
 
 
 

 

 CDP気候変動レポート2015

 
 
 CDP 2015 気候変動質問書の結果をとりまとめ、『CDP ジャパン 500 気候変動レポート2015:日本版』を発表しました。​

グローバルレポートはこちらよりご覧ください。
 
 

 CDPウォーターレポート2015

 
 
 ​CDP 2015 ウォーター質問書の対象日本企業(ジャパン150)の結果をとりまとめ、『CDP ジャパン 150ウォーターレポート2015』を発表しました。

グローバルレポートはこちらよりご覧ください
 
 

 Contact

 

CDP事務局
japan@cdp.net 

〒104-0061
東京都中央区銀座6-14-8
銀座石井ビル5F

03-6869-3928

 

 インターン募集

 

​現在インターンを募集しています。ご関心のある方は事務局(japan@cdp.net)まで、氏名・所属・連絡先・志望動機を記載の上、お申込みください。

  • 応募条件:日本語、英語でのコミュニケーションが可(国籍不問)
  • 勤務地:銀座(弊オフィス)
  • 期間:3ヶ月以上。学業の妨げにならない程度。個人のライフスタイルに合わせて設定可能です。(週2~5日目安、応相談)
  • 勤務時間:平日10時~15時で都合の良い時間帯。(応相談)
  • 待遇:交通費支給(但し、定期券区間は除く)
  • お問い合わせ:japan@cdp.net
 

 ニュース

 
 

 2℃目標達成に向けて

 
Science-Based-Target (SBT) 
 
CDPは、国連グローバルコンパクト、世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)と協働し、温度上昇2℃未満に抑えるための排出削減目標の設定を促進しています。
 
詳細はこちら
 
 

 CDPレポーターサービス

 

CDPは回答企業のみなさまを対象に、レポーターサービスを提供しています。(有料)
これまでのCDP回答を効果的に分析可能な形でご提供することにより、企業の気候変動戦略のベンチマーキングとして活用いただけます。またメンバー同士のネットワーキングやベストプラクティスの共有により、企業のカーボンマネジメントをサポートします。

現在日本企業を含む、世界100社以上の企業がメンバーとして登録いただいております。

興味をお持ちの方はCDPサイト内のレポーターサービスページ(英語)をご覧いただくか、CDP事務局までお問い合わせください。

   

 

 CDPサプライチェーン

 

CDPは企業のサプライチェーンにおける気候変動管理をお手伝いしています。サプライチェーンメンバーシップに加入し、御社のサプライヤーに気候変動情報開示を求めることができます。メンバーにはサプライヤーから提供されたデータを分析した専用レポートを提供しています。

興味をお持ちの方はCDPサイト内のサプライチェーンプロジェクトページ(英語)、またはCDP事務局までお問い合わせください。
  

 

 リンク

 
企業の気候変動管理において、自社のバリューチェーンにおける排出量(スコープ3排出量;スコープ1, 2以外の間接排出量。事業者の活動に関連する他社の排出)を算定することは非常に重要な要素となります。スコープ3排出量に関する環境省情報プラットフォームとして、国内外の動向、算定方法に関する等トピックを掲載しております。特にスコープ3排出量の算定方法、事例等の紹介を行っております。

 
   
 
 
  © 2016 CDP Worldwide, Registered Charity no. 1122330.
A company limited by guarantee registered in England no. 05013650